私の長年の悩みを解決したのは肌断食でした。

現在30代の会社員ですが、私の長年の悩みがニキビの出来やすさでした。ポラッシュ

ニキビができ始めたのは、大学生の頃です。

今思うと、高校生の頃、部活で日焼けをしたり、化粧をしたまま平気で寝てしまったり、肌に悪いことのオンパレードを自らやっていたことが全ての始まりだと思います。

大学生になり、食生活も不規則で、コンビニで済ませることもあり、良くなることはなく、ひどくなる一方。

もちろん皮膚科にも通いました。塗り薬、飲み薬、いろいろ処方してもらいましたが、良くなったのかな?ぐらいな効果で、新たにニキビもできるし、途中で嫌になり、1年も通わず行かなくなってしまいました。

それからも、ネットで良いと言われることを片っ端から試していましたが、30も過ぎ、全く改善の兆しがない頃、有名芸能人の方が、肌断食を試したという記事を見ました。

洗顔するだけで、そのあとは化粧水など何もしないという方法です。

何もしないことに、最初すごく勇気はいりましたが、試してみたところ、すぐにニキビも減っていき、ニキビの出来づらい肌になりました!

すごく感動したのを覚えています。ニキビができなくなった!と自信を持つまで1年ほどかかりましたが、乾燥が気になるので、今では、化粧水やクリームなどを付けてもニキビに悩む生活には戻っていません!ぜひ、まだ試したことがない方には、トライしてもらいたいです!

シミそばかす

幼い頃は全く気にしなかったシミそばかすは年齢とともに出現して来る気がしています。

皮膚科の医師に伺っても同様のお答えでした。

30代後半、40代に差し掛かると幼少期にたっぷり浴びたお日様の影響が出る様ですね。ビタミンサプリメントを頂いて飲んでいますが、治るものでは無い様です。

お肌が白くて綺麗な方は羨ましいですが、逆に「あまり活動的でなかった方なのかな」という印象も受けます。

モイスポイントの最安値通販は?

多少は黒くて、肌荒れがある方が健康的に見えます。

年齢は隠せるものでは無いので、そのままの現実を受け入れる方が楽ですね。

著名人が高額の美容治療で美しさを求めていますが、好感が持てなくてアスリートの様に、歳をとっても現役の名残が残っている方の方が笑顔が素敵に見えます。

男性で白い肌の方を見かけると「もっと頑張って」と言いたくなりますが、病気の方もいると思いますので判断は分別は難しいですね。

日本人は肌がデリケートですが、欧州の方々の方が肌が薄くてきめ細かくて綺麗です。彼らは自然体で生きていて肌のことで悩むこと無く、笑顔で入れるところが素敵ですね。やはり心の状態も重要でしょうか。

総括すると人は誰でも自然体で生きていくのが輝かしいですね。

にきびが意外なもので改善!

大学生だった頃、急にニキビが増えだしました。以前は、生理前以外はほとんどニキビができない体質でしたが、明らかに目立つようになり、かなり気にしました。
始めは、市販の塗り薬、次にサプリメントを併用しましたが、治りません。当時、ファンケルのスキンケアを愛用していて、ファンケルの無料の肌診断を受けました。そこでの診断は、「古い角質が残っていてニキビの原因になっているので、マッサージクリームでマッサージして、古い角質を落としましょう。」とのことでした。

http://piranpirano.com/

私は肌が弱く、古い角質を落とすとうたわれているスクラブが入っているような洗顔料やジェルは、ことごとく合わず肌荒れ(粉がふく)してしまうため、角質を落としましょうと勧められても半信半疑でした。ただ、本当に悩んでいたので、だまされたと思って勧められた「スキンリニューアルパック」を購入しました。

古い角質を落とすとうたっているのに、スクラブなどは入っていず、透明なジェルでした。肌荒れを心配しましたが、肌荒れは全く起きず、一月ほどでニキビが改善しました。本当にびっくりしました。古い角質がニキビの原因になること、スクラブが入っていないものでも古い角質が落ちることが、新たな発見でした。もちろん、今でも愛用しています。

どんなことでも「基本」って大切なんです!

髪の悩みは男女問わず、多かろうが少なかろうが切っては切れないものですね。

ノ・アルフレ

わたしの髪質は、「太く、硬め、うねりがある」いわゆる「剛毛」です。しかも量が多い!半端無く多いのです。
毎晩シャンプ?後には、ごっそり抜けるにもかかわらず、一向に減る気配がないのです。

これっておかしくないですか?ちまたでは年齢とともに、ボリュームが少なくなりぺたんこになってしまう…と

嘆いている女性が多いというのに… と、毎朝「バクハツヘア」を鏡で見てげんなりした気分になるわたしですが、

コンディショナーで整えて、ブラッシングを長時間すると「サラサラヘア」になることを発見しました。
どうしてこんな基本的な事を今までしなかったのか… 美しくなるためには手間ひまをかけることが必要と改めて思っています。

そして、値段のお高めのシャンプーやコンディショナーをたま?に使ってみても、特売品とそんなに変わらないわたしの髪。
ゆるふわパーマをかけるともっとボリュームアップするので、かけられず…いまいちかわいい髪型ができないのも大きな悩みです。
洗髪後のドライヤーでの乾かし方も、髪質を美しく保つ「基本」があるのだろう。

次はこれを攻略してみようと「バクハツヘア」を見て決心しているところであります。

年齢と重力には逆らえないのか

私の母親は長くスナックのママをやっていた。出勤する時はかなりの厚化粧。それを幼い頃から見ていたせいか、私の中で厚化粧が基本になっていたのです。高校生になって時々母親のお店を手伝う様になりました。その時に「化粧も仕事のうちだよ」と言われた言葉が頭に残り、その後会社勤めをする様になってからも厚化粧をしないと気が済まなくなっていました。

ヒメルファンデーションを辛口評価!購入して使用した私の口コミ体験談!

私は面倒くさがりでスキンケアにも興味が無く化粧を落とさないで寝てしまう事もしばしばありましたが、若いうちはダメージを感じていませんでした。そのツケが50を過ぎた今どっと押し寄せています。まず毛穴の目立ちが酷く、それ用のスキンケアや化粧品を試しても隠し切れません。顔のたるみにリフトアップのマッサージをやっても一瞬効いたかな?の程度。

ほうれい線を目立たなくするクリームは全然効果なし。そして一番老け顔になる目元のたるみはなにをやってもダメ。アイライナーは綺麗なシャープな線にならないし、アイシャドウもムラになってすぐヨレてしまう。それに加えて18歳の時に水ぼうそうになり重症で顔中に水疱が出来て、かさぶたが取れた跡のクレーターが4個ありこれだけは何をやっても隠せません。

それは諦めるとしても、毛穴やたるみは若い頃から手抜きをせずちゃんとスキンケアに気を付けていたら今ほど酷くはなかったと思うと後悔。鏡を見るたびにどんどん老け込んでいる気がして恐怖です。時々昔の写真を見ては、年齢と重力には逆らえないんだなぁとつくづく感じています。