スキンケア」カテゴリーアーカイブ

お肌のくすみ、シミ、しわ予防

シミやしわが気になり始めたのは30過ぎたくらいから、いろいろ試してみたけどやっぱり基礎が肝心と思います。

最近はすっぴん美人など格メディアで目立っているように思います。

シルクリスタ

今まで自分でためしてみてよかったことを書いていこうと思います。

特別高級な化粧水を使わなくても良いと思います。高ければ良いと思いますが、いつも使っているものでも大丈夫だと思います。

角質ケアも大事です、メイクをきれいにおとす。これは泡立ててから1分ほど顔をマッサージするように洗いますが、気にし始めるといつもより長く感じると思います。これだけでもさっぱりします。パックや角質ケア用のパックもありますが、毎日だと毛穴が開いてしまうように思います。

きちんんと洗えていれば化粧水をつけたときの肌のモチモチ感が違います。

後は乳液、クリームですが、保湿用クリームや美容液など気になるものをいつも道理に使って良いと思います。とにかくメイク落しと洗顔は大事です。

メイク落しと洗顔でくすみは少し消えていきますが、何でシミとしわ?

保湿が大事です洗顔後のモチモチ感はきちんんと洗えていないと感じられません。

シミとしわ?結局保湿が大事、簡単に考えると、結局は肌乾燥でお肌の機能が失われていきます。毎日のことなのに少しだけ時間を掛けるだけで違いが良くわかると思います。肌のトーンも明るくなり、やわらかい肌になると思います。

乾燥、夏場も甘く見てると痛い目にあいます。

個人差はあると思いますが、肌の調子は良くなると思います。

シミが汚く見えるこの頃

いろいろ肌のことでは悩んでますがシミの悩みは特に大きいですよ。マスク必須のこの時代シミがマスクで隠れるので悩みは小さくなるかと思ったらそうでもなくて・・・。耳に近い場所にあるシミってマスクから少し見えちゃうんですよ。マスクがきれいだからその対比でシミが汚く見えちゃいます。

http://www.epicbiotech.com/

だから柄物のマスクを使ってみたのですが柄物のマスクの違和感がすごい。マスクは無地が良いです。真っ白の無地が1番清潔感があって好き。それでお気に入りの真っ白のマスクをつけることが多いのですがマスクの隙間から見えるシミが気になるのです。

最近ちょっと考えてるのはこのマスク必須のいまシミ取り施術を受けようかどうするか。シミ取り施術をレーザーで受けるとその後しばらく絆創膏を貼って紫外線対策します。マスクをつけていればその絆創膏が目立たないしマスクとダブルで紫外線対策になって良いんじゃないかと・・・。最近そんなことを思ってます。

取れるシミなら早く取ってしまいたいんですよ。シミがなければベースメイクする手間が省けますからね。こういうお肌の悩みを抱えながら生きている女性は星の数ほど居るのでしょう。マスク必須時代の今皆さんどうするのでしょう。

二十歳を超えたらニキビは吹き出物

十代のころはニキビと呼ばれるものが二十歳を超えたら吹き出物と呼ばれるようになります。

ヴィオテラスHSCセラムを辛口評価!実際に使用した効果と私の口コミ!

ニキビと呼ぶのは心なしか可愛い表現ですが中身も可愛く、十代のころはニキビができても
少し洗顔を優しくしたりお風呂に浸かったり汗をかけばすぐに治りました。

しかし、二十歳を超えてから洗顔の仕方を変えたり化粧水をいいものにかえたり運動をしたりしても
全然治りません。

クレンジングが一番大事と聞けば人気のクレンジングを買い、きちんとしたクレンジング方法を試し、
メイクをお休みするのが大事と聞けばしばらく何か月もメイクをお休みしたこともありました。

しかし全くなおらず、むしろ悪化しております。

運動も心掛けておりますが、十代のころとは違い代謝も悪くなっており

なかなか汗をかかなくなりました。

自分は乾燥肌だと思っていますが最近脂もでてきて、もう自分が何肌なのかさえちんぷんかんぷんです。

おまけに周りの方にニキビに悩んでて~と話すと、
二十歳を超えるとニキビじゃないよ!吹き出物だよ!と総攻撃を受けます。

ニキビを吹き出物というようにし、自分がもう十代じゃないということを
重く受け止めることにもストレスを受け、
もうそのストレスで余計吹き出物が悪化しているようにも思うようになってしまいました。

この吹き出物を長い間治らないままにしていると、イボになるそうです。

それだけは絶対に避けたいですが一向に治りません。

私のお肌の悩みでした。

拝見していただきありがとうございました。

まだ先のことかと思っていたけど…

独身の時は時間もお金も自由に使えていたけど、結婚をしてからはなかなか難しく、出産をしてからはもっと難しくなりました。nicoせっけん

必要最低限の洗顔、化粧水、乳液はしていたので、若く見られなくとも年相応の肌質を保てているハズ…と思っていました。先日昔からの友達と遊び、友達の肌を見てびっくりしました。その日時間がなかったからと、ほぼすっぴんの状態でやってきたのですが、肌のハリやツヤは20代前半なみに整っており、シミもほとんどなく本当にきれいな肌をしていました。

使っている化粧品を聞いても大したものは使っていない、ドラッグストアで簡単に手に入る化粧水と乳液を使っているというのです。にわかには信じられなかったのですが、確かに友人は昔から色白で肌がきれいな子でした。冬場でもしっかり日焼け止めを塗り紫外線対策だけは誰よりも念入りにしていました。

友人は肌が焼けやすく、一度日焼けするとなかなか元に戻らない。だから日焼け止めだけは欠かさないと言っていたのを思い出しました。その日から、私は育児の合間を見つけてもう一度自分のスキンケアを見直すことにしました。

お風呂から上がったら、すぐに導入美容液、パックをし、2日に一回スリーピングパックをしています。そして、冬場でも日焼け止めを欠かさず塗るようにしたりしています。(笑) すぐに効果はでないかもしれませんが、少しでも良くなればと頑張って続けている途中です。

ニキビの悩みに打ち勝つには体質改善から

10代から20代の頃にニキビに悩んでいる人は男女問わず多いかと思います。http://cialacibu2019.com/

10代の頃にできるニキビは「思春期ニキビ」といって中高生の年代にできやすいニキビですが、20代以降になると大人ニキビといって、10代の頃行っていたスキンケアだけでは改善されないことが多いです。それは体質の変化によるもので、特に20代の場合、ストレスなどのちょっとした変化が肌に出やすい敏感な時期であるという認識が必要です。

例えば、便秘の体質の人は、便秘を改善することでニキビが改善されるということもあります。実は私もニキビができていたときには同時に便秘に悩んでいました。そんなときに出会ったのが大手美容外科クリニックの院長が開発した「ゴボウ茶」でした。

当初は、ゴボウをささがきにし、乾燥させてから細かく砕いてティーバッグにいれて飲んでいました。効果が現れたのは2週間ほど立ってからでした。それまでできていたニキビの治りが早くなりました。さらに首やフェイスラインを含む顔全体に新しいニキビができにくくなりました。

悩みがなくなったことでメイクやスキンケアの時間も短縮できて他に自分がやりたいことをやれるようになったのが嬉しいです。日常生活のちょっとした工夫で肌に大きな変化が出ます。