絶対にあんな容姿になりたくない

もともと、?せ型の50代後半に近い女性です。これまでダイエットに関しては腹部に巻くダイエットベルトを購入した事があります。ただ、こちらは巻いているとだんだんと裏面のラバー記事が痛みあまり効果も感じないまま終了してしまいました。その後、10数年くらいして次に試したのが置き換えダイエットのような印象のフルーツタイプの味がついた粉末の牛乳に混ぜて飲むと満腹感が得られるというものです。

ワンズアップの効果や口コミは?最安値で購入可能な通販も紹介!

一般的な置き換えダイエットとは少し異なり飲む量も100cc~150cc程度でダイエット目的ではなくなんとなくおやつ感覚の嗜好品って感じでした。
その後、特にダイエットはしていないのですが、職場に新しく入ってきた50代前半の女性の容姿を見て再びダイエット熱がこみ上げてきて、【太ってはいけない?】と強い意識がうまれました。

その人は私より身長は5~7㎝は低いのにどう見ても体重は私の倍以上あるのです。どうしてあんな恥ずかしい容姿を平気でしているのか?とても同じ女性としては信じられません。なんでも履いているズボンで股ずれを起こして肌があれているとか?また、会社のイベント時には履いてきたジーンズのお尻が避けました。その頃から始めたヨガでとにかく私はあんな見苦しい姿になるのをなんとしてでも食いとめたく、下腹部へは汗をかきやすいエッセンシャルバームを塗り込んでヨガのレッスンに臨み食事量も減らしてとにかく下腹部を引っ込めることに集中しました。

仕事中は何故かその新しく入ってきた人はお菓子を食べてコーヒーを飲んでばかりの人の為、その人がコーヒーを2杯飲むようであれば私は1杯のみ。お菓子は常に仕事中には食べないのですが、またもや何故だかこの人が私へおすそ分けするので、必ずそれを断り。とにかく反面教師が横にいるのでその人とは全く別な事をしてみました。そしてその人を横目で見ながら【絶対にあんな容姿になりたくない】を自分に暗示を掛けていたところ、体重はもともと40㎏前半でしたので2㎏しか減量はできていませんが、下腹部のふくらみがなくなり姿勢にも気を使っていたので身長が数ミリ伸びたようです。年下のその人と並んだ時には間違いなく私の方が年下で若く見られます。ヨガはダイエットにも姿勢を正すのにもかなり効果があります。そして何より汗をかき身体を動かすことはダイエットには効果てきめんです。