髪が伸びる速度が変わる季節とは?髪質アップにつながる。

人間の体は絶えず新陳代謝を繰り返しているのはご存知でしょう。新陳代謝で常に細胞を新しく作り変えているのです。

これは、肌から垢が出るのも新陳代謝によって、古くなった皮膚が自然に剥がれ落ち、新しい皮膚ができるのです。それだけではなく、爪や髪が伸びる現象も新陳代謝の一種になります。

エメリルヘアオイルは評判以上!私の口コミ体験談や使用感などをご報告!

新陳代謝は活発であるほど体をつくり替えるサイクルが早くなります。そのため、爪や髪が伸びるのも早まるのです。

では、季節によってはどうでしょう。

髪は毎日一定のスピードで伸びているとイメージしますが、実は季節によって髪も伸び方には違いがでるのをご存知でしょうか。

髪が伸びやすくなる季節は?

それは、夏です。

一般的に髪は1ヶ月で1センチ伸びるといわれているのですが、実は髪の伸びるスピードは一年を通して一定ではないのです。髪の伸びるスピードが変わる理由としては、新陳代謝が大きく関わってくるのです。新陳代謝の関係で、髪が伸びるスピードが最も早くなる時期としては夏場の暑い時期です。

髪は頭皮の毛穴の奥にある毛根から生成されます。そして、押し出される形で生えてくるのです。

髪を生成する原料となるのは、タンパク質やアミノ酸になります。

髪の原料を毛根まで運ぶのは血液です。

血液は身体中に張り巡らされた血管を通り、体の隅々まで栄養を運んでくれるのです。

血液によって頭皮に運ばれたタンパク質、アミノ酸によって髪が生成されるのです。つまり、髪が生えるスピードは血液循環に左右されます。

基本的に寒い時期になると体の体温が下がってしまい血行も悪くなります。逆に体温が高い状態だと新陳代謝が高まるため、生命活動が活発になり血行が良くなります。そのため血行も促進されやすい夏は、寒いときと比べて頭皮に頻繁に栄養が運ばれるようになります。それによって髪が生成されるスピードも上がります。自然に髪が伸びるスピードが早くなる夏は頭皮のマッサージをすることで、質のよい髪になります。