肌ケア生活

 私は毎年、春から初夏の季節(2月~5月)にかけて特に肌について悩みます。顔の肌荒れはには特に気を使います。季節の変わり目と同時に花粉症持ちでもあるので毎年大変な思いをしています。私は接客業をしており、人と対面して接することが多いため、他人からどのように見えているか常に気を配っています。

http://wacomnextlevel.com/

 私が一番肌に悩んでいた時期は18~19歳の時でした。大学に入学して新たな出会いも多く、人脈を広げて、様々なことに挑戦しようと意気込んでいた時でもありました。また一人暮らしを始め、環境がガラッと変わった時期でもありました。その春先に両頬全体に小さなニキビが多く出ました。春先という時期とストレスが重なり最悪でした。無くなったと思ったら、数日後にまた出てきて、治ったと思ったら出てきての繰り返しでした。帰宅したら真っ先に洗顔をする、油ものを控える食生活をする、化粧水等で保湿をする、クスリで治療をするなど様々なことをしましたが、なかなか改善しませんでした。その間の心境は恥ずかしい思いと不安な思いの毎日でした。人と対面する時にニキビに視線がいくのがわかるのでとても嫌でした。

 対策としては、毎日マスクをし続けました。とにかく外気に触れさせないことを徹底しました。それと化粧水を持ち歩いて定期的に塗っていました。時にはコットン等に化粧水を染み込ませてマスクの内側に忍び込ませて対策もしていました。

 おかげで時間は掛かりましたが完全に治りました。今では「肌きれい」と言われるようにまでなりました。

 このコロナ禍においてもマスクは必需品なので肌ケアにはもってこいな期間です。今でも肌ケアは続けています。